人生は長い詩のようなもの × facebook

bbeddie.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 18日

あるカメラマンの意見

災害への警鐘と
とらえるべきだった阪神大震災
声高に教訓!を口にするマスコミも多かった
政府も国民もみんなそう感じそうしようと
あの頃はそう思ったんだと思う。

ところがどうだろうか?

マスコミは、相も変わらず野次馬報道
政府の対応などは後手後手
現地を含む地方行政も教訓を受けて
機能しているとは言い難い。

日本人は素晴らしいと
世界に称賛されながら
ヘイトスピーチをツイートする馬鹿
デマや火事場泥棒をする馬鹿
今後は詐欺師も動き出します。

震災後どうすべきかは
神戸の者に聞いてください。
誰よりも知っています。

今まだ復興のふの字も叶っていない東北
でも東北の人にも聞いてください。

被災地に住む人は全員被災者です。
教訓として得たことの大小はあっても
必ず震災時災害時に自分たちがすべき事・・・
特に阪神大震災のマンパワーは
神戸市民の誇りであり
この町は市民が復興させたのです。

現在、いろいろ情報源を見ていると
最も使えそうなのはSNSです。
ここでもSNSを活用する皆さんが
被災地の声を受け拡散する
元被災地の者として拡散する

報道では全く伝わらない生の情報を
ガンガン出してガンガン拡散しましょう。

電話がつながりにくかったり
情報源が何もないという地域がありますが
地元の人はその地域を知っているのです
避難しながらも若い人は行動できるはずです。
怖がっていても何も前に進みません。
どうか神様や仏様の存在を信じてください。
家族がなくなったからそんなものない!
神仏は必ずおられます。
神様どうか力をください!
一念で行動してください。
いるいないの議論は落ち着いてからでいいのです。

自衛隊が助けてくれる警察が何とかしてくれる
テレビが情報を伝えてくれる
国が何とかしてくれる役所が何とかしてくれる
そんな根性じゃダメです。

信じるのは自分自身であり
地元の地理地形や
地元の事を一番知っているのは
被災地自身なのです。

他地域の人々が
マンパワーとして動けるのは
まだ先です。
自分を信じて自分の生まれ育った土地を愛して
決心すれば誰よりも安全で確実に動けます。
他力本願では駄目。

結局は自力で這い上がる
これが阪神大震災を経験した
あるカメラマンの意見です。

d0223176_7365666.jpg

[PR]

by bbyamacyan | 2016-04-18 07:37 | Others


<< 母なる川      40周年CD制作完成 >>