人気ブログランキング |

夏休み短縮と夏季授業はいらない

この国では世界から子供への拷問と悪評される
夏休み短縮を行う傾向がある
既に実施されている自治体もあるらしい。

夏休み短縮の前に
日本は夏休みに宿題を子供たちに課す
そのことは教育先進国である北欧などの皆さんからは
「拷問だね」と悪評されていることを覚えておいてほしい。

日本に暮らしていれば当たり前なのかもしれないけど

そもそも夏休みとは何だろうか?

特に最近は、極暑が続く夏に
学習をすることはかえって思考力を低下させ集中力を欠く
さらには子供たちに1学期頑張った2学期にまた頑張ろう!
家族と過ごす、あるいは家族を失った子供たちも交流しながら
社会学習や野外活動を思いっきり楽しもう!
そういった考えが根底にあるものだと思う。

週休2日制になってから日本の学力は低下した
当たり前と言えば当たり前だ
それを必死で取り戻そうとする時期もあった(政治的に)

しかし日本の倍も3倍も
夏休みのある教育先進国は宿題などない国が多い
なのに学力は低下していない

その答えは宿題ではなく
夏休みに読書をたくさんするという習慣にある
読書をすれば柔軟な頭脳の子供たちは様々なプラスがあり
様々なメリットを生む

日本の教育の質の悪さは
子供たちを虐待しているに等しい夏休みの宿題制度である
遊びたい盛りに遊びを通して学んでいく学齢期に
毎日宿題する(させる)この苦悩は子供だけではなく
教育させる義務を負わされる親にとっても苦痛である

本を読むことは、興味のある内容を自分で選び1日30分でも60分でも
自由な時間に読める休暇中に何冊読むかも関係ないし
例えば旅行中に1冊なら楽しみもある中で読めるはずだ!

宿題のように強制力もない。

どうでしょうか?
この国の教育は本当に未来ある子供たちの為と言えるでしょうか?

されに先日、うちの場合も夏季授業のお便りが入っていた。
しかも夏休み終盤の4日間だ!そんな時期にやっても意味はないと思うし
夏休みはその名の通り休みであり
会社で言えば休日出勤!しかし子供たちに
休日手当てが出るわけでもない!

まあなんらかの理由でそうしたい教育委員会や
学校の意図はわからなくもないが
得てして自分たちの都合であろうと思う

子供たちの事を心から考えているなら
夏休みが終わって涼しくなる10月とかに
土曜学級とかにすればいいじゃないか?
夏休みの宿題も廃止しなくてもいいが
激減させるべきだろうと思う。まあ1週間に1課題だろうね

自由研究などもその名の通り自由にやりたい人はする
やりたくなければやらなくていい

そういう仕組にすべきだ!
教育の質の悪さを子供たちの負担増に置き換えようなんて言う考え方が
そもそもナンセンスなのだ。

というわけでうちでは夏季授業は参加させない。
教育委員会にもあなたたちの都合で子供を苦しめることを
何故知ろうとしないのか?と拒否宣言しておきました。
思い出を作る夏休みの本質はそれだけでいいのです。
d0223176_08302831.jpg




by bbyamacyan | 2019-06-19 08:35 | Others