人気ブログランキング |

d0223176_09400512.jpg
5年ほど前からでしょうか

発達障害という差別するための名詞が生まれました。
結論から言いますと
これは医師が悪人、そして社会風潮特に
教育機関が差別をしやすくするために作ったと言っても
過言ではありません。

特別支援学級にいる子は障害児
なので教師にそのつもりはなくても
不要な気遣いを生みます。それは善意でも差別だという事に気づかない
恐ろしい事です。

最近、よく交流学級
(地域で呼び名が違うでしょうが普通学級)
の先生がプリントを入れてます。

連絡帳を見ても宿題なのかなんなのかわからず
とりあえず宿題ならやるべきだと思い
私も坊ちゃんに声をかけ
坊ちゃんも三田市で1年半荒れたせいで遅れた分解らないなりにも
宿題ならしなくっちゃという意思できちんとやります。

規則正しくルールを守る子です。
なのにこれをADHDのこだわりとか自分の決めた事は守るという表現に代わります。

果たしてそれは正しいでしょうか?

ルールというのは誰しもが守るべきこと
当たり前のことをしているのにこだわりだのなんだの
支援学級の子供だからまあ出来るなら
やったらええわ出来んかったらやらんでええわ
それが宿題とは書かず
頑張ってやっていっても採点すらされず帰ってくる
先生にその気はなくとも
先生の心は差別に洗脳されているのです。

世界的には宿題なんて拷問という考え方が定着していますが
日本では小学生が宿題をするのは当たり前
ルールでもあります。

それを出来なかった子が進んでやっているのに採点をしない
間違った答えでも教えない支援学級の子供だから

こんなひどい教育を許していいでしょうか?

日本の場合、まずトップダウンで言うのなら
文科省が腐ってます。各自治体の教育委員会という魑魅魍魎の集団があります。
公立学校は教育委員会の言いなりです。
校長や教育委員会の特等席を狙う私利私欲の塊です。

そんな連中が子供たちを預かっているのだという事を
親は知っておかなければなりません。

学校に至っては、そんな腐った連中に言いなりで
今でこそ少なくなったけれどモンスターペアレントの言いなりで
教師たちはビビりまくっているのもよくわかります。
しかし情熱のある先生はそんな地位や名誉よりも
心の底から子供たちを信じ、指導し、導き、信頼されるものだと
私は思います。

三田の小学校、あってないような三田市教育委員会
兵庫県教育委員会であまりにひどい扱いを受けたので
神戸市に戻りましたが
神戸市も市教委単位では腐敗しています。
お上の言いなり
学校もしかりです。

大阪市に大空小学校という素晴らしい公立小学校があります。
障害が有る無いに関係なくみんないっしょ
税金で私たちは子供たちの未来を託されたのだから
公平に子供たちを預かる(前校長先生の考え方)

その通りであり、公立校でもこうして実行できている
壁を取り払う差別をしない学校
があるのです。

お飾り校長では絶対にできませんが
校長がまともな人間ならできるはずです。

そもそも発達障害など事実上ありません。
私たちが子供の頃特別支援学級なんかなかったと思います。
時代が変わったと人は言います。時代は変わっても人間は変わらないのです。

厄介な子供は、発達障害や障害者と決めつけて教育しているのが今の学校です。
日本は教育では世界トップレベルです、しかしそれに同調すべき
児童福祉では世界でも50位以下の後進国です。
(老人福祉は比較的高い所にあります)

怒られるかもしれませんが、確かにこの国を守ってきてくださった高齢者に
恩を返す意味での福祉はトップランクでいいかもしれません
しかしこの国の未来を創るのは高齢者ではなく子供たちです。
どちらも大切です。ですが教育と福祉、高齢者福祉と子供福祉
実にアンバランスな国なのです。

発達障害は障害ではありません。
今、放課後デイサービスのドライバーをパートでしています。

ある養護学校へお迎えに行きます。
知的障害の子供たちに出会います。私はすぐなついてもらえたし
彼、彼女たちを差別したりしません。
その心が通じていると自負しています。
同じ未来を担う子供たちなのです。

そして家に帰って坊ちゃんと接するとこの子は障害はないなと実感できます。
いろいろ悩んできたけれど
今は本人もほとんど支援学級で過ごしていません。
自主的に交流学級にいるそうです。

こうして成長していずれ解らなくなるんです。

支援学校に通っている子達には間違いなく援助が必要です。
専門家じゃないので詳しくわかりませんが知的に障害があると
やはり行動や、動き、話せないなどの支障が出ています。
その子たちには同じように社会生活を営めないと感じます。
でも社会生活を送れるようにするのが国、地方、地域、個人すべての国民の
務めであると私は思います。












by bbyamacyan | 2019-06-15 09:40 | Of children

d0223176_20173465.jpg
発達障害児に関する私の考え方

まず発達障害と言う言葉はだれがいつそう呼び

つまらない区別するようになったのでしょう。

社会における位置づけも
障害のある子、学校生活における位置づけも特別支援が必要な子


世の中の、発達障害ではないと思い込んでいる人々や

自分は健常であるとか普通であるとか錯覚した人間が

意味不明な基準で差別であり区別した
その顕著な例こそ、小学校の交流(普通)学級と
特別支援学級という区別教育です。


そもそも普通って何でしょうか?平均的という事でしょうか?

もしそうなら私もあなたもあの人もこの人も立派な発達障害と言えてしまいます。

そうではないのです。
俗に発達障害とレッテルを貼られた子達は

個性が強くより独創的でそのレベルは高く

逆にコミュニケーションが下手であったり、言葉が遅かったり

勉強が苦手なだけのことです。

どうでしょう?そう置き換えれば100人が100人同じではないでしょうか?

普通とはどういうおそらく?成績もまあまあ、性格もまあまあ、運動もまあまあと

言うように平均的なという解釈ではないでしょうか?


今、発達障害と呼ばれる子供たちは
幼稚園や小学校で映像業務をする関係で

外部の者として客観的に見ることが出来る職業上
15人に1人くらいはいます。

しかしそれは保護者や周りの人が気づいている数字で
実際にはもっと多いと思います。


発達障害という呼称は医学的な都合上の言葉であり

それは障害でも病気でもないのです。

個性であり単なる独創的性格です。


医学では難しい病名をつけて
病気として扱い
薬を売るのが商売ですので

商業的理由からたくさんの呼称で呼ぶようになった
と言っても過言ではありません。


そういう区別的な考え方を除外するとどうでしょう?

クラスにあるいは学年、子供たちの社会は


勉強は苦手だけれど運動が得意な子供


勉強はきわめて成績がよいけど運動は苦手という子供


勉強は年相応のことが出来るけど言葉や表現が下手な子供


勉強は苦手だけれど絵を描かせるとすばらしい絵を書く子供

これって当たり前じゃないでしょうか?


実は上記の例に我が家の長男の特徴も書いています。

勉強は年相応だけども表現が下手!これが家の長男です。

区別せず書き出していけば

普通だの支援学級だの区別もなく

何の違いも無いと気づきませんか?


わざわざ分けて考えるのが日本の特別支援学級です。
これは政治の責任です。

支援は必要でしょう。
しかしそれは全ての子供たちに支援が必要なのです。


勉強を教えることも支援です。
喧嘩したら対応するのも支援です。

怪我して応急処置をするのも支援です。


個性が強いだけで何か不得意な面があると言うだけで

特別支援学級とは
実に差別的な呼び名です。


A
君は、こだわりが強く言葉が乱暴です。

感情表現が下手です。

それを簡単に暴言と呼びます。
でもA君自身は暴言だと思っていません。気づきません。

表現がわからない又は下手なだけで
受け止めた側の問題です。


親としてきつい言葉を聞くこともあります。

ですが親は、理解していないといけないのです。

関心があり、理解しようと
絶えずわが子と接しますから腹も立たないし

あまりにきつい場合は当たり前に怒ります。


よく発達障害の子供への暴言などへの対処として

「○○君、同じように○○君がお友達から言われちゃったらどう?悲しいよね~」

的となだめることが美化されて書かれている情報が多いです。

これは大きな間違いだと思います。

そこに目に見えなくとも区別や差別感情があるからこうなるのです。


駄目なことは駄目!はっきりと言うべきなのです。


なぜわざわざ発達障害と遅れを指摘しながら

理解するのに時間がかかる多くの言動でなだめるのか?

意味不明です。

駄目なことはだめ!これで通じます。それで学びます。


我が家でも親に「君が・・・」と君呼ばわりする面がありますが

神戸人なので「誰に口きいとんねん!」で返します。

たったこれだけで「ごめんなさい」と帰ってきます。

理解しているからこそ理解が出来る親子の呼吸なのです。


学校教育においても

普通と呼ぶ子となんら変わらず信頼関係を構築し接する。

親よりも長い時間を共にする場合も多い先生方には
是非そこにチャレンジしてほしいです。


発達障害をカミングアウトした栗原 類くんが

まさに当事者としてお母さんも自分も「もっと厳しくされるあるいはすべきだった」

とあるインタビューにおいて「親子で反省している」と語っています。


では、区別しない教育とはなんでしょうか?

デンマークの幼稚園の例ですが

森の教室という有名な自然教育があります。

自然の中で学び運動し自然を知り、生き物を知り、命を知る働きです。

このプログラムには区別がありません。

結果、発達障害と呼ばれる子達は、小中学校高校と進学する時点で

非常に高い確率で発達障害を克服又は完治すると聞きました。


日本ではどうでしょうか?

幼児教育時点から区別して無理やり垣根を作ります。

それは支援でしょうか?

支援とは壁やボーダーラインを引くことではありません。

ここの子供たちの苦手な点にフォローを入れることです。


仮に得意なことを少しこっちに置いてでも不得手なことに支援をする。

それだけのことなのです。

得意なことは天才的に出来る子達ばかりですから苦手な分野こそ支援をし

長所にかえていくような環境にすべきなのです。


子供なので互いが刺激しあい成長する過程です。

「やっかいなので檻に入れとけばいい」と言う
安易で非情な支援学級制度は

誰のためにもなりません。


これらは、私の持論ですが

特別支援学級制度や放課後デイサービスという身勝手な線引きが嫌いです。


親は心に発達障害を知っていても

嘆いたり悔やんだりしてはなりません。


親こそわが子を区別してはいけません。理解し続けないとなりません。

そうした差別的な空間を排除していけるように様々な努力をしなければなりません。

私はそのように思います。


by bbyamacyan | 2017-04-16 20:18 | Of children

子どもを撮る

さて曇り空で肌寒い中
徳島県に
シロヒレタビラと言うタナゴを採集に
ところが水温も低すぎて
一匹も採れず
里山漁という手法で筒に入ったナマズのみ
5匹ほど採集してきました。

さてそんなついでに
徳島県にある「あすたむらんど」に寄り道し
我が子たちを撮ってきました。

あすたむらんどは明日多夢と書きまして
ひろーーい土地に多くの遊具や科学館や
体験館、万華鏡の美術館などがあります。


水で遊ぶコーナーのみ
ずらーーとご紹介しましょう。


入口はこんな感じ

d0223176_1448859.jpg


水鉄砲で的を射る様なの

d0223176_14483190.jpg


ふぅと吹くと目の前のところからきりが噴霧

d0223176_1449614.jpg


ちっちしてるのではありません。水でっぽう遊び

d0223176_14495282.jpg


傘をさして雨の中に突入すると・・・のコーナー

d0223176_14503191.jpg


水だけでお絵かきするやたら広い場所

d0223176_14511181.jpg


d0223176_14514342.jpg


車いすの方の目線で考える迷路

d0223176_1452012.jpg


回すと何やらメロディーが奏でられます

d0223176_145245100.jpg


スチルドラムですかね?

d0223176_14531586.jpg


長ーーい糸電話のような鉄電話…なぜか同じ場所にいます。

d0223176_14535774.jpg

by bbyamacyan | 2014-04-13 14:54 | Of children

自宅にて

SMILE


d0223176_18293180.jpg

by bbyamacyan | 2013-08-16 18:29 | Of children

景気回復なのか?

景気が回復傾向にあることは間違い有りません。
ここのと本職の撮影や編集に追われ
写真を撮りに行く時間が全くありません。

さらにここ数日我が家の坊ちゃんがインフルエンザ~風邪
そして私にも飛び火し
今日はくすぶっていた風邪の症状と迷惑なチャイニーズスモッグと
花粉もあるかもしれませんしそして何よりも
3連荘の幼稚園関係のビデオ撮影でへとへとになって

危うく風邪を悪化させるところでしたが
なんとか持ちこたえております。

さて兼ねてから編集中のまず坊ちゃん5歳記念の
フォトブック「たったの5歳されど5歳」という内容から
選択写真の1部お写真をと思います。



d0223176_22495938.jpg



d0223176_22505668.jpg



d0223176_22512018.jpg



d0223176_22514183.jpg



d0223176_22522378.jpg

by bbyamacyan | 2013-02-16 22:54 | Of children

s・o・t・t・o

そっと

冷たい感触・・・。
ちょっぴりしかない白い世界・・・。

氷?・・・雪?・・・。

冷たくって痛くなった手を
ママの暖かい手が包んでくれる・・・。

だからぼくは雪が好き・・・・。



d0223176_1752854.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村
by bbyamacyan | 2013-01-13 17:54 | Of children

新年あけましておめでとうございます。

我が家の
坊ちゃん5歳
長女10歳

我が家では節目になる年齢にフォトブックを作ることにしています。
さて、写真を選ぶのが一苦労です。

本日のアップロードは
何故か冬休みにお泊り会を催して友達を交えてのショットです。


ボールの行方


d0223176_0101371.jpg



名コーチ?約2名


d0223176_0112616.jpg





にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村
by bbyamacyan | 2013-01-06 00:13 | Of children

徳島動物園

いい感じ?



我が子は本当にいいモデル役をしてくれます。



d0223176_21502419.jpg

by bbyamacyan | 2012-06-23 21:50 | Of children

家族

高熱中



d0223176_11462482.jpg




添い寝



d0223176_11462230.jpg




息子がインフルエンザです。

わが子の病気の時に…と思いましたが
思わず写真撮ってしまいました。

私にとって家族は
過去であり未来です。
諸事情はここではお話しませんが・・・

このBlogでは、家族の写真などは掲載しない予定でしたが
今日解禁しようと思います。(控えめに)

考えてみれば
これほど身近で心を込められる被写体は他にないと気づきました。
by bbyamacyan | 2012-01-19 11:51 | Of children

三木山森林公園

なごみ系少女


d0223176_20463710.jpg




ちょっぴりの背伸び


d0223176_2046568.jpg



パパ行くよ


d0223176_2047317.jpg

by bbyamacyan | 2011-05-14 20:38 | Of children